Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

ゴルフブログ:グッドフラストレーション カテゴリー:ゴルフワンポイントアドバイス

レックゴルフスクールスタッフのブログです。
ご意見・ご感想はお問い合わせより是非お聞かせ下さい。
«Prev | 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 |...| 12 | 13 | 14 | Next»
01

ゴルフスイングに役立つストレッチ

おはようございます。神丸です。

寒い日が続きますね。体調など崩さぬようどうかお気を付け下さい。

さて本日はゴルフと相性が良いストレッチについてお話させていただきます。
ゴルフのスイングはどうしても腰に多少の負担がかかってしまいます。
気をつけないと腰を痛めてしまうことがあります。

普段から腰のストレッチで腰まわりの筋肉をほぐしておくことは『怪我の防止』のため非常に大切です。
そして腰まわりの筋肉がほぐれてくるとスイングに回転力が出てきて、飛距離アップにつながります。
ただ、腰のストレッチは怪我防止の目的で行って下さい。

一般的な腰回りのストレッチ法は腰を左右に捻ったりとご存じだと思うのですが、
ゴルフスイングに役立てるストレッチは、まず構え(アドレス)の姿勢をとって下さい。
そこから、普段クラブを上げるように肩と腰を左右にゆっくり捻じります。
両ひざは動かさないようにして下さい。あと呼吸を止めずに20秒?30秒していただくと効果的です。
お試し頂けたら嬉しいです。

それでは良い一日をお過ごし下さい。
02/22 00:12
02

花粉症には…

おはようございます。長島です。

ついに花粉の季節がやってきましたね…。皆さんはどのような花粉症対策をされていますか?

先日テレビで、花粉症対策にはヨーグルト(LG-21LGG、KW、L-55など)が良いと言っていました。

ヨーグルトを食べると免疫細胞を強くし、花粉に対して過剰に反応しなくなるらしい。

今のところ私は大丈夫ですが、いつかは誰もがかかるというのを聞いたので、これからはヨーグルトを食べるようにしようかな。

花粉症でお悩みの方は、一度試してみるといいかもしれませんね。

ヨーグルトパワーで、花粉の時期を乗り切りましょう!
02/19 00:45
03

ゴルフに効く食べ物 その2

おはようございます。神丸です。
冬のラウンドや寒い日の早起きはなかなか大変ですよね。ゴルファーの天敵ですね。
そこで目覚めにとても良い食べ物を紹介させていただきます。

それはにんじんなんです。
良い目覚めを得るためには、補血と補気に役立つ食材を摂ります。“血”を補い、体内に血を巡らせる“気”も一緒に増やすことで心の安定感を高めて翌日に疲れを残さない理想的な睡眠に近づけていきます。にんじんはこの2つの作用を持つ食材です。カロチン、ミネラル、食物繊維が多く、特に抗酸化作用の強いBカロチンが多く含まれているのが特徴です。Bカロチンは体内でビタミンAに変わり造血を促し血行をスムーズにしてくれます。貧血や低血圧の改善にもつながるので、朝が早いゴルフをされる方、またこれから始める方に常食したい野菜です。さらに、カロチンは鼓膜や皮膚をじょうぶにし抵抗力をつけてくれます。ラウンド中強い紫外線を受け続けている目の疲労回復と予防にも役立ってくれます。

朝の目覚めを左右する要素のひとつとして挙げられるのが前夜の食事内容です。
体は眠っている間に食事から摂取した成分の分解や排泄作業を行っています。重い食事をすると栄養素以外の不要な成分の処理に時間がかかり体力のリカバリーに多くの時間が必要となります。長い睡眠時間をとらないと体が回復しないので早起きはかなり辛い状況になります。なのでゴルフ前夜の食事は消化が良くて体への負担の少ないものを選ぶことを心掛けてください。それに、にんじんを使った料理を加えておけば翌朝の目覚めはかなり楽になります。
私は試合の前の日には必ずスタミナをつけようとお肉を食べてました。あまり多量の摂取は良くなかったのですね。参考にして頂けたら嬉しいです。

それでは良い一日をお過ごしください。

02/18 00:22
04

ゴルフに効く食べ物

おはようございます。神丸です。

2月も中旬になりました。寒さがまだまだ残りますので、体調など崩さぬようどうかお気を付け下さい。でも春ももうすぐですね。

寒い日のラウンドや練習は疲れが取れにくいですよね。体が冷えることから、余分な水分の排泄が正常にされないため疲れが取れにくくなります。そこで余分な水分を排泄させて、効率的に疲れを取る食材は、あずきだそうです。むくみやすい人に用いることが多くその効果も顕著にみられます。食物繊維や鉄、カリウム、リンなども含まれ、便秘や貧血といった症状の緩和にも役立ちます。また、疲労回復に欠かせないビタミンB1も豊富なので、筋肉痛やダルさの改善にも効果を発揮してくれます。また、あずきは足がつってしまう方にも有効です。通常、スポーツ時や寝ているときに起こりやすいのですが、なかには座っているだけでも足がつってしまう人もいます。「血虚(けっきょ)」が原因と考えます。体内の潤滑油である血が減ることで筋の潤いが減少し、けいれんを起こすようになるのでまず血を増やすことが必要です。この場合にもあずきが適しています。あずきはその赤い色からも分かるように、血を増やす作用に優れています。ゴルフの練習中やラウンド中につってしまったりそのような症状が起こるようであれば、あずきを使ったデザートなどで疲れを癒すのもいいと思います。是非、お試し下さい。

私は昨日おはぎ10個買いました。それでは良い一日をお過ごし下さい。


02/16 00:15
05

「ゴルフ練習器具」=「テニス練習器具」?!

おはようございます。神丸です。

上田桃子プロが練習の一環として、「テニスラケットでのトス打ち」を入れているのは有名な話ですよね。当スクールでも同じくフェース面でのチェックに、「テニスラケットでのトス打ち」を取り入れていますが、それを自分のペースでしっかり確認出来る練習器具を発見!購入しました!

その名もテニス練習機【ピコチーノ】です!テニス用の物をゴルフ用に高さを下げてもらった当スクール・オリジナルですから、ゴルフ練習機【ピコチーノ】ですね!昨日、高崎からわざわざ社長さんが届けて下さり、早速レッスンで使用しました。これは優れ物です。

当スクールで購入可能ですから、ご希望の方はお気軽に声をかけて下さい。あっ、あとこの高さは小さいお子様のテニス練習にも最適とのことですから、一機二役でご家族で楽しめますよ!

上田桃子テニス神丸智和テニス
02/12 00:58
06

イメージトレーニング

おはようございます。長島です。

今日はイメージトレーニングについてお話します。

一流のスポーツ選手やアスリートはグランドや、控え室などで、次の試合やゲームの流れを頭の中で常にイメージしているといいます。

大嫌いや苦手という意識は、人の能力を引き下げてしまいます。面白い!と思うと集中し能力は上がります。
イメージトレーニングは、苦手だ、嫌だというネガティブ(マイナス)の感情を、ポジティブ(プラス)な感情に変えて、スポーツに限らずパフォーマンス向上に繋がります。

私の場合、試合やラウンド前はもちろんですが、頭の中で何度もラウンドを繰り返します。
常にホールレイアウトをイメージしながら、『スイングリズム』『体のバランス』『球筋』『タッチ感』などを全て良いイメージで。
頭の中でラウンドするとオールバーディーになってしまいます(笑)

実際に球を打つ前も、打てる打てないを別にして、良い『スイングリズム』『体のバランス』『球筋』『タッチ感』などをイメージしてからアドレスに入られるだけでも、体の動きは変わってきます。

あと、始めて間もない方は、イメージによって体験数を増やすのも良いのではないでしょうか。
ただ、何でもそうだと思いますが、イメージトレーニングでも1回やって終わりにするのではなく、心に焼きつけるくらい何度も繰り返し行うと効果大ですよ。


ちなみにイチロー選手は打席に入る前に、

・強豪ピッチャーのボールを頭の中でイメージ

・それに対してバッティングする自分をイメージ

・感覚とのずれを修正して、またバッティングをイメージ

ここまでやってから、初めてバットを握るそうです。あと絶対に他人のバットやミットは触らないらしいです。なぜなら感覚が狂うのが嫌だからとの事。


あとミスターこと長島茂雄元監督のイメージトレーニングもヤバい。

これはノンフィクションです。球場について試合の準備をしてから、試合のシュミレーションを行って、頭の中ですべての展開を映像として完全に再現!
イメージが終わったら、本当に試合が終わったと勘違いして、荷物をまとめて家に帰ってしまったことがあるらしい(笑)。

皆さんも常に良いイメージを持ってプレイに望みましょう!



02/07 10:11
07

客観的に自分のスイングを見る大切さ

おはようございます。長島です。

本日は、『客観的に自分のスイングを見る大切さ』についてお話させていただきます。

レッスンをしていて、沢山の人から次のような事を聞きます。

『昨日レッスン番組でこういった事を言ってたので、実際にそれをラウンドでするとバラバラになっちゃいました。』

『雑誌でこういった事を書いていたので、それで練習してみると全然当たりません。』

稀にこの反対で良くなったという事も聞く事がありますが、ほとんどが良くならないケースばかりです。
世の中には沢山の雑誌、教材、番組、などが存在していますが、
どれが間違っていてどれが正解だというものは無いと思います。

では何故上記のような事になる事が多いのでしょうか?

それは、自分の症状を知らずに、それらをやってしまうからであると私は思っています。

私自身が過去にそうでした。

自分がどうなっているかを知らずに闇雲に球を打ち、人の真似をしたり、雑誌に書いてある事を
そのままやってみたりという時期がありましたが、結果がついてきませんでした。

最初はこんな感じかな?で、人のスイングを見て真似ようとします。
人の動きを見よう見まねでやる事は、とても大切であると思います。
色んな事をやっていこうというチャレンジ精神は今後の上達に必要です。
しかし、目の前にある症状を解決するには、 “自分の症状に応じた対策や練習をやっていく事”が
大切になります。

自分が頭の中で意識しているスイングが、実際にどうなっているかを見ることが、
客観的に自分のスイングを知る唯一の方法だと思います。
一番はやはりビデオ撮影です。
デジカメや携帯電話での撮影でも結構わかります。
いろんな感覚でスイングして、どのスイングも一度見てみると良いかもしれません。
何にしてもそうですが、自分が思っている感覚と実際の動きがズレてしまっていることがよくあります。
私自身もそうです。

これを知らずに見たり聞いたりした物をそのままやってしまうと、余計におかしくなったりします。
もちろん、たまたま自分の症状に応じた事をやると、結果は出る事もありますが、
またそれを行っているスイングを見て、自分の動きと感覚の違いを知る事も大切です。

この事を理解して、色んな事を取り入れていくのであれば、
それは素晴らしい事であると思いますし、必要な事であると思います。
雑誌やテレビは読者、視聴者のスイングを各々見て伝えているものではありません。
とても参考になる物であるし、是非見たり読んだりして参考にして頂きたいのですが、
それらを見る上でとても大切なのは 、
“自分の症状を把握して見たり聞いたりする事”です。

是非参考にして頂けたらなと思います。
02/05 00:09
08

エチケットとマナー

おはようございます。長島です。

今日はゴルフをプレーする上で、絶対に必要なエチケットとマナーについてお話します。

このエチケットとマナーは、ゴルフをプレーする上で沢山あります。

今回はその内の一つ、ピッチマークの修復を紹介したいと思います。

ピッチマークとはショットをして、グリーンにボールが落ちた際にできるくぼみの事です。

柔らかいグリーンや雨の中や後などは、普段よりも更に大きなピッチマークが出来ます。

先日プレーしている際にも、せっかくの綺麗なグリーンなのにやたらとピッチマークが目立っていて、とても気になりました。

そこのコースはセルフプレーで回る人達も多く 、セルフプレーを多く集客しているコースは、必ずと言ってよい程ピッチマークが目立ちます。

なぜならセルフプレーだとピッチマークを直さない人が多いからです。

キャディー付きであろうとセルフプレーであろうと、自分のショットによって出来たピッチマークは必ず直さなければいけません。

直さなければ何打罰などといったルールなどはありませんが、まずエチケットとマナー上の問題で 、自分のショットでグリーンが痛んだのでしたら それは直すべきです。

私が静岡のコースに所属していた頃、ご一緒させて頂いた方の中にも直さない方がいらっしゃいました。

以前にその方に理由を聞いた事があります。

・グリーンフォークを持つのが嫌

・面倒くさい

・自分の腕前ではあまりグリーンを捕らえれないので、ピッチマークが出来ない

・そんな暇や余裕がない

・知らなかった

などと言った正直な意見を頂きました。

JGAのルールブックも第1章の第1項はエチケットとマナーから始まります。

だからと言う訳でもありませんが、私自身ピッチマークは必ず直しますし 当たり前だと思ってます。

パッティングをする時、ライン上にピッチマークがあったらそれは直すでしょうし、「直しとけよ〜」なんて気持ちにもなると思います。

ですから自分のピッチマークで、他人に迷惑を掛けないようにしなければいけません。

私は自分専用にピッチマークが直しやすい、グリーンフォークを持っています。

スタート前にはティー、ボールマーク、ボールなど必ず用意すると思いますが、その必ず用意する物の一つに、グリーンフォークも忘れないようにしましょう。

直し方はグリーンフォーク刺し、回りの芝を窪みに寄せるようにして、最後はパターで平らに直せば、芝は死なず3〜4日で元通りになります。

たまにグリーンフォークを芝に刺して、グリーンフォークの先を上に持ち上げて直している人を見ますが、これだと根が切れて芝は死んでしまいます。

もし時間やプレーに余裕のある時は、自分がつけたピッチマーク以外も直していただけたらなと思います。

私は結構直すのが好きであちこち直しては、直り具合を楽しんでいます(笑)綺麗に直せると気持ち良いんですよ。

せめて自分のつけたピッチマークは直して、気持ち良くパッティングに挑みましょう!

心に余裕が出来てパターが入るかもしれませんよ。

01/15 01:57
09

寒さ対策

おはようございます。長島です。

ここ数日やたら寒いですね。早く暖かい春にならないかな…。

寒いと体動かしづらいし、どこかに体をぶつけたりすると普段の2倍くらい痛く感じるし…冬は苦手だ。

話が変わりますが、私はこの時期のラウンド時、一度にカイロを8個使います。お腹、両肩、腰、両ポケット、足の裏と全身カイロだらけ…

これだけ貼るとがさばりますが、寒いよりましかなと。

でも体を温めるだけでも、筋肉がほぐれケガの予防にもなります。あとはストレッチを入念に心掛けています。

頑張って冬を乗り切るぞ!
01/11 06:18
10

ゴルフはターゲットゲーム

こんにちは。長島です。

みなさんは普段どのような練習をしていますか?

練習方法や課題は人それぞれ違い、練習できる環境や場所なども違うと思います。

どれが正解でどれが間違いなどと言う事は無いと思いますが、私はよくラウンド前なら、特にターゲットを意識した練習をしましょうと、日頃から伝えています。

練習場に行く機会があれば、打てる方向をフルに使って、またできるだけたくさんのクラブで練習しましょうと伝えます。

ゴルフはターゲットゲームで常にターゲットが存在するゲームです。それに対し、方向と距離が必ずあります。

そのどちらも意識できるように、練習時からいろんな方向といろんな距離を打ち分ける練習をする。ラウンド経験が多い人ほどこの意識が強くなると思います。

例えば、明日ラウンドで、ドライバーの調子が悪く、ドライバーばかり練習し、結局他の事が練習できず、逆に疲れすぎてしまったり不安ばかりが残ってしまった…。

そんな経験はありませんか?

次、当たったら違うクラブに持ち替えようと思っていながら打ってみて、当たらなかったらもう一度そのクラブで打ってしまい、また当たらなかったらそのまま打ち続けてしまう…。

簡単に言えば1球1球当たったか、当たらなかっただけの練習を繰り返してしまっている方が多くいるのではないかと思います。

この現象、誰にでも経験があると思います。私自身ももちろんあります。

私の知っている高校ゴルフ部の練習方法の一つとして、1球打つ度に失敗しようと成功しようとクラブを変えて練習するといった練習方法を強く取り入れている所もあります。

ゴルフにはタラレバがありませんから、これはより実践的だとも言えます。

私もこの「納得いくまで同じクラブで打ち続けたい症候群」(勝手に名付けてしまいました…)に悩まされ、偏った練習ばかりになっていた時期もありました。

でもこれを直す為に、1日1日の練習で14本のクラブ(パターはその時の環境に応じてですが)を使用し、必ず方向別、距離別に打つよう心掛けました。

そして今は、この練習をしないと逆に気持ちが悪い。朝の歯磨きみたいなものですかね…。

この練習を行うとスイングの意識だけではなくなり 、方向や距離に対しての意識も強くなり、またアドレスの見直し等を自然に行えるようになりました。

この練習はある意味、しんどく感じる方もいるかもしれません。もちろんこの練習を常にしなければいけないこともありません。

私の場合はこういった練習を繰り返しするようになってから、ターゲットに対してより意識が強くなりましたし、ラウンドでも練習場と同じ心境でプレーできる事が多くなりました。

できるだけラウンドと似た環境で練習できれば、ラウンドの時のプレッシャーにも強くなれると私は思っています。

様々な状況を想像して練習する。

是非一度やってみて下さい。


11/25 11:04
«Prev | 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 |...| 12 | 13 | 14 | Next»