Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

アマチュアゴルファーの8割はスライスボール

おはようございます。長島です。
レッスンをさせていただく上で、まずお客様に悩みを聞くと「フックボール(左に曲がる)が打てない、打ちたい、打ってみたい」という人が多くを占めています。
要するに、スライスボール(球が右に大きく曲がる)で悩んでいる人の方が多いんですね。
確かにスライスは風にも弱く、飛距離も出にくい球筋ですから…。
ゴルフ雑誌を読んでいたら、アマチュアゴルファーの8割はスライスで悩んでいるというデータが出ていました。
特にゴルフ経験の少ない人になればなるほどスライスで悩んでいます。

では、なぜスライスボールの方が多いのでしょうか?
答えは、ゴルフクラブは何の意識もせずに振ると自然とフェース(球が当たる面)が開くものだからです。

どういう事かと言うと、例えば、野球のバットにしてもテニスラケットにしても丁度グリップ(握る部分)の延長線上に芯があります。
しかし、ゴルフクラブは シャフト(手を握る部分と球が当たる部分を繋ぐ棒)からフェースが横に飛び出しています。これだけでとてつもなく難しいスポーツになるんです。
基本的にはシャフトの延長線上にフェースがないので絶対に重心が片寄ります。
ということはフェースは慣性として絶対開いてしまうのです。それを開かないようにフェースコントロールできなければボールはスライス回転(右回転)が掛かり大きく右に曲がっていくという訳です。

ゴルフを始められて間もない方は、このクラブコントロールなどままならない状況なので、クラブの慣性のままスライスしていってしまう傾向にあります。
またスイング中にはトゥダウン現象というものもあります。トゥ側(フェースの先っちょ)の方から 地面に下りていくという慣性もあり、このトゥダウンもフェースの開きと大きく関係があるんです。
以上だけの説明ではとても理解しきれない方がほとんどだと思います。
つまりはゴルフクラブは基本的にフェースが開きやすいという事です。
だからこそこの慣性に逆らったフックボールを打つ事はとても難しいんです。

とにかくフックよりもスライスで悩んでいる人のほうが多いし、フックボールを打ちたい人のほうが多い事は事実。
飛距離を出したいならまずスライスをなくす事。私がスライスを断ち切るスイングを伝授致します!

あっ、あと最後に…。スライスで悩んでいる人は、練習場に行かれたらなるべく左端に近い打席で練習してみてください。
自然とアウトサイドイン(カット軌道)が修正されますよ。



2008/05/30 05:00

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる