Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

ロッコメディエイト選手

おはようございます。神丸です。

先日の全米オープンはメジャー大会に相応しく、とても見応えのある素晴らしい試合でしたね。
タイガーウッズ選手とロッコメディエイト選手の熱き戦いのプレーオフはスポーツの素晴らしさを再確認できたと共に感動しました。

タイガー選手と一騎打ちしたロッコメディエイト選手は淡々とプレーしている勇姿がとても印象的でした。
メディエイト選手の今大会の振り返り I turned the table a little bit (僕はほんの少し優勢に立った)と語っていました。

今大会は予選会からの出場で予選の際も11人のプレーオフで競り勝ち本戦の全米オープンの出場資格を得たそうです。試合会場に着いた際、飛行機の積み荷の中で愛用のドライバーが折れるという不幸に見舞われ代用ドライバーでの戦いを余儀なくされました。そんな中、メディエイト選手が口にした言葉がturned the table(形成を逆転する)というフレーズでした。まさにその言葉通りでしたね。
ドライバーが折れてしまっても、トップタイでタイガー選手とのプレーオフに持ち込み、歴史に残る戦いとなりました。試合後のインタビューでは「タイガーがバーディーを取らなければ僕に追い付けない
状況を作ったことは誇らしい。孫から孫へ伝えられる」と誇らしげに語っていました。もちろん悔しさはあると思います。ああ言った言葉の裏には色々な意味が込められてると思います。

メディエイト選手が口にした turned the table(形成を逆転する)これからは handle the table(形成を維持する)に変わっていくと私は思います。更なる活躍を心から応援したく思います。
あの91ホールの戦いを私は一生忘れません。

それでは失礼致します。


カテゴリー:ゴルフスクール
2008/06/29 00:01