Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

クラブ規制

おはようございます。3度の飯よりゴルフが好きな長島です。
今日はドライバーについてお話したいと思います。

今年になってクラブを購入する際にまず、ルール適合かそうでないかを確認することが必要になりました。
アマチュア競技のほうでも、高反発クラブを規制するゴルフ場が多くなってきたからです。
会員権をもっておらず競技には全く興味なく、楽しくプレーをするだけの方は、高反発クラブでも構いません。
我々プロゴルファーも2006年から一斉に規制がかかり、競技で使用すると違反になってしまいます。

私も3年前まで高反発のドライバーを愛用していました。よく飛ぶし吹けあがらない弾道がすごく気にいってましたが、規制により使用禁止となりました。
現在は、キャロウェイのFT−3を使用しています。
変える時は少し違和感がありましたが今は大変気に入っています。
最初ボールを打った時、やはり低反発クラブということで当たった感触が全然違いました。
今までよりしっかりヘッドにボールが食いつくような感じ。
でも飛距離は以前使用していた高反発のクラブと全然変わりませんでした。
実際、私の周りでもルール適合にしたから飛距離が落ちたという声をあまり聞きません。

各メーカーさんも逆にこの規制をチャンスと考え、クラブ開発に力を入れている様子です。
今年2008年からは、アマチュア競技でも完全に高反発クラブは使用できなくなりました。
競技に出る方は練習でも高反発クラブを売りに出して、早くルール適合クラブに慣れておいたほうが良いかと思います。

以前までメーカー側は、いかにフェースを薄くして飛ぶクラブを作るかを考えてきましたが、このような規制でクラブヘッドの反発係数で飛ばすことに限界がきました。
そこで力が入ってきたのがシャフト。
例えばグラファイトデザイン社、フジクラ社などのシャフトメーカーが大盛況しています。
今までもシャフトはとても大事でしたが、特にこれからはシャフトで飛ばす時代だと思います。
勿論ヘッドも大事ですけどね。

ルール適合クラブだからといって飛距離は落ちないと思いますので、できるだけ早くフィットするクラブを探すことをお勧めします。
もし色々と悩まれてるようでしたら、私と神丸が相談にのりますので、是非声をかけてください。


2008/07/10 01:52

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる