Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

期待と重圧

おはようございます。神丸です。

北海道のザ・ノースカントリーGCで開催された、国内男子ツアー第10戦「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」の最終日結果です。日中は厚い雲に覆われて、気温は20度前後となったそうです。
北の大地北海道は涼しいですね。

通算13アンダーで優勝したのは、今季国内ツアー2戦目となるジーブ・ミルカ・シン選手(インド)。すし石垣選手と通算12アンダーで並んで迎えた最終18番パー5、6メートルのバーディパットを沈め優勝を決めました。すし石垣選手は2位に3打差をつけてのスタートでしたが、11番まで全てパーでしのぐ展開になりました。最終18番もティショットを右に曲げてしまい、プレーオフ進出の望みをかけたアプローチも惜しくも外れ、通算11アンダーの単独2位となりました。
すし石垣選手はツアー初勝利の期待が掛っていました。今回も良いプレイでしたが、次回に持ち越しとなりました。

すごい追い上げを見せたのは、通算4アンダーの23位タイからスタートした石川遼選手です。前半を4バーディ、ノーボギーで折り返して上位に浮上すると、バックナインもスコアを落とすことなく最終18番へ。ピンまで残り265ヤードの2打目、3Wでグリーンを捕らえると、助走をつけて大きくジャンプしながら大きなガッツポーズを見せ、とても盛り上がりました。イーグルではなかったのですが、しっかりバーディで締め、プロ転向後の成績では最上位となる通算9アンダーの3位タイで終えました。

遼君から石川遼選手へ。もう立派なプロゴルファーですね。
すし石垣選手のツアー勝利もとても楽しみです。


カテゴリー:ゴルフスクール
2008/07/28 00:45

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフスクールに関する記事

2018/01/12 寒い一日だ!
2018/01/10 R初打ち!
2018/01/07 雪雪雪・・・
2018/01/04 本日より
2018/01/02 2018年!