Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

力を抜くには…

おはようございます。長島です。

「力の抜き方を教えてください」という質問をよく頂きます。
私はそれにお答えするときに必ず、「まず力が抜けているのがどれぐらいの状態かと言う事を理解しなければいけません。それには逆に思いっきり力んでいる状態も知らなければいけません。」というお話をします。
みなさんが求めているのは…
「こうやったら力が抜けますよ」という方法、だということは痛いほど分かっています。
しかし、本当に力の加減を理解するには、思いっきり力の入った状態を知り、そこから逆に力の抜けた状態を知る必要があります。

グリップ、上体、下半身、思いっきり力を入れてスイングしてみれば、当然当たらず、ヘッドも走らず、軸も暴れるでしょう。
逆にクラブがすっ飛んでいきそうなぐらい指を密着させずグリップし、誰かにちょっとでも押されたらグラグラして、立っていられないぐらいにへにゃへにゃの状態でスイングしてみても、これはこれで力が抜けているのではなく緩めているだけの状態であると言えます。

よく力を抜くと言う事を スイング中に力を緩めると言う風に、感覚上誤解されている方を目にします。
「力が抜けている=程よい力加減」だと私は思っています。
例えば、グリップで右人差し指を離せば力が抜けると誤解されている方もいらっしゃいます。
基本的にはグリップはクラブのグリップと指は密着しているべきです。もちろん程よい力加減で。
ダウンスイングでグリップを緩めたりする事は、決して力を抜くと言う事ではありません。

一度思いっきり力んでスイングしてみれば逆にリラックスしやすいと思います。
力の強弱がわかっていなければ、程よい力加減を理解しにくいかもしれません。
逆に力が入ってプレーしている状態も、「程よい力加減」でプレーする為には、時に必要であると思います。

力の加減を数字で表す人もいます。
理解しやすいのであればこれはこれで良いと思いますし、私も同じ意見です。
「思いっきり力むのが10として1〜2は力が抜けすぎてスイングが緩むので、3〜4を目指しましょう」等、人によって数値を使い分けて、アドバイスさせて頂くこともあります。
他には物で例える人もいます。
「卵を握ったままスイングして、卵を割らないようにスイングしましょう。」等…。その他にも様々なニュアンスもあります

一度思いっきりグリップしたり 、思いっきり緩めたりしてスイングしてみて下さい。
だんだん力を抜く感覚がわかってきますよ。



2008/10/23 00:00

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる