Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

ゴルフはターゲットゲーム

こんにちは。長島です。

みなさんは普段どのような練習をしていますか?

練習方法や課題は人それぞれ違い、練習できる環境や場所なども違うと思います。

どれが正解でどれが間違いなどと言う事は無いと思いますが、私はよくラウンド前なら、特にターゲットを意識した練習をしましょうと、日頃から伝えています。

練習場に行く機会があれば、打てる方向をフルに使って、またできるだけたくさんのクラブで練習しましょうと伝えます。

ゴルフはターゲットゲームで常にターゲットが存在するゲームです。それに対し、方向と距離が必ずあります。

そのどちらも意識できるように、練習時からいろんな方向といろんな距離を打ち分ける練習をする。ラウンド経験が多い人ほどこの意識が強くなると思います。

例えば、明日ラウンドで、ドライバーの調子が悪く、ドライバーばかり練習し、結局他の事が練習できず、逆に疲れすぎてしまったり不安ばかりが残ってしまった…。

そんな経験はありませんか?

次、当たったら違うクラブに持ち替えようと思っていながら打ってみて、当たらなかったらもう一度そのクラブで打ってしまい、また当たらなかったらそのまま打ち続けてしまう…。

簡単に言えば1球1球当たったか、当たらなかっただけの練習を繰り返してしまっている方が多くいるのではないかと思います。

この現象、誰にでも経験があると思います。私自身ももちろんあります。

私の知っている高校ゴルフ部の練習方法の一つとして、1球打つ度に失敗しようと成功しようとクラブを変えて練習するといった練習方法を強く取り入れている所もあります。

ゴルフにはタラレバがありませんから、これはより実践的だとも言えます。

私もこの「納得いくまで同じクラブで打ち続けたい症候群」(勝手に名付けてしまいました…)に悩まされ、偏った練習ばかりになっていた時期もありました。

でもこれを直す為に、1日1日の練習で14本のクラブ(パターはその時の環境に応じてですが)を使用し、必ず方向別、距離別に打つよう心掛けました。

そして今は、この練習をしないと逆に気持ちが悪い。朝の歯磨きみたいなものですかね…。

この練習を行うとスイングの意識だけではなくなり 、方向や距離に対しての意識も強くなり、またアドレスの見直し等を自然に行えるようになりました。

この練習はある意味、しんどく感じる方もいるかもしれません。もちろんこの練習を常にしなければいけないこともありません。

私の場合はこういった練習を繰り返しするようになってから、ターゲットに対してより意識が強くなりましたし、ラウンドでも練習場と同じ心境でプレーできる事が多くなりました。

できるだけラウンドと似た環境で練習できれば、ラウンドの時のプレッシャーにも強くなれると私は思っています。

様々な状況を想像して練習する。

是非一度やってみて下さい。




2008/11/25 11:04

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ