Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

オーバースイング

おはようございます!長島です。本日はオーバースイングについてお話します。

簡単にオーバースイングをご説明すると、トップスイングの位置で、クラブが大きく垂れ下がる事です。基本的にオーバースイングの原因は次の様な事があげられます。

・手首、腕の使い過ぎによるオーバースイング
・過度の回転によるオーバースイング
・リバースピボットによるオーバースイング(体がターゲット方向に傾く)
・バックスイングの回転の少なさから生まれるオーバースイング
・スイングアークを大きく使わなければいけないという誤解から生まれるオーバースイング

というように分けて私は考えています。

どの症状もよく見かけますが特に多と思うのが、手首、腕の使い過ぎによるオーバースイングとバックスイングの回転の少なさから生まれるオーバースイングです。
バックスイングでの体の回転の少なさを手首や腕の運動量で補いその結果オーバースイングになっているというケースを大変多く目にします。高校時代の私のスイングもそうでした・・・私の所属していたゴルフ部は飛ばしてなんぼみたいな所があったので、飛ばす事に必死でした。
3アイアンで250ヤードを打っていた時期もあったな。

さて、本題に戻らせていただきます。バックスイングで体の回転が少なく、手首や腕だけがオーバースイングになると、クラブが振り遅れに繋がります。
バックスイングでしっかり体が回転していれば、その分ダウンスイングでも回転してインパクトを迎えますが、バックスイングで体の回転が少ないと、ダウンスイングでの回転運動の方が勝りインパクトではアドレス時よりもかなり体が開いてしまったインパクトになってしまう。
それプラスオーバースイングになれば、もっと振り遅れてしまい相当体が開いた状態でインパクトを迎える事になります。
バックスイングでの体の回転不足から発生するオーバースイングはシャフトが飛球線に対しクロスします。その位置からダウンスイングに入ると 体が開き、シャフトが寝てフェースが開き振り遅れるといったケースが多くなります。その結果弾道は、プッシュアウトやチーピンに・・・

レッスン時に、「〜さんの場合、手は腰の高さで止めるイメージでいいですよ」と言うと、えっ?嘘でしょ!?という顔をされます。でも実際にそのイメージで打っていただき画像を見ると、「本当だ!ちょうどいい!」ってなるんですよね!

自分の感覚とかけ離れてしまう所があるので、画像を見ながら練習する事によって、上達への近道になります!皆さんこの冬はレックゴルフスクールでスイングをしっかり作って、シーズン中は良いパフォーマンスが出来るよう頑張りましょう!



2010/01/30 10:14

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる