Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

落とし場所への意識を強く持つ

おはようございます!長島です。本日はアプローチについて書かせて頂きます。

良く『キャリー』という言葉を耳にすると思います。簡単に説明すると、ボールを打ってから地面に落ちるまでの距離をキャリー、その後(転がり)を『ラン』と言います。

ショットでもそうですが特にアプローチは、まず落とし場所をアバウトではなくしっかりと決めるのがポイント。例えば、ピンまで10ヤードあったとしたらそのまま10ヤード打つのではなく、グリーンの状況、ライの状況などに応じてクラブ選択をし、キャリーとランの配分を考えます。
落とし場所ではなくピンに意識がいってしまうと、大きい振り幅となり大オーバーや、インパクトを緩めて調整し、ダフリやトップの原因に・・・。

まずはフェースを開いたりなど特殊な打ち方を抜きにして、多少個人差はありますが、

AW → 1(キャリー):1(ラン)
PW → 1:2
9I → 1:3
8I → 1:4

これがしっかりと把握できていれば落とし場所が明確になりますよね!
特にアプローチは落とし場所への意識を強く持ちましょう!


もし練習場に行かれましたら、ピンをデットに狙うのではなく、キャリーとランの配分を意識した練習をしてみて下さい!ぐっとスコアが縮まりますよ!



2010/03/06 00:36

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる