Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

ボールの位置を再確認

おはようございます!長島です。

本日はドライバーのボールの位置についてお話します。基本的にドライバーショットでのボールの位置は左足寄りです。

ドライバーで左寄りにボールをセットする理由は、ドライバーのロフト角は9度、10度と、どのクラブよりも立っていて、ボールが上がりにくくなります。
その為、左寄りにセットし、スイングした際クラブヘッドが最下点を通過して上がり際にボールを捕らえ上がりやすくする為なのです。

ですから、アドレスでヘッドの置く位置も、ボールの真後ろよりは少し離して置いた方が球は上がりますよ!

ボールに合わせようとすると、

・ハンドファースト、ヘッドファーストがきつくなりやすい

・左足体重のアドレスになってしまいやすい(テンプラの原因)

・右肩が前に出て体がオープンになり、カット打ちになりやすい(スライスの原因)

になります。

ボールの真後ろにクラブヘッドをセットして、その位置でボールを捕らえようと打ちに行ってしまうと、クラブヘッドが最下点を過ぎた上がり際でボールを捕らえる事が出来ず、ボールが低くなってしまいます。

ドライバーだと球が上がらないという声を良く耳にします。そして見させて頂くと、ボールの位置を中央寄りに置きすぎている方が多々いらっしゃいます。

一度クラブなどを使い、ボールの位置を確認してみて下さい。

しかしドライバーのスイング中に本当に最下点にクラブヘッドを落とさないように!それはダフりです(笑)




2010/05/10 09:07

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる