Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

水を含んだバンカーからの打ち方

おはようございます!長島です。

最近、雨が多いですね。コースに行くとバンカーは水を含み、とても固い状態になっています。

水を含んだバンカーからいつも通りフェースを開いて打つと、ホームランしてしまうという事はありませんか?

通常のサラサラのバンカーではフェースを開き、ソールの後ろの出っ張り(バンス)を使って砂を爆発させるのですが、水を含んだバンカーでバンスを使うと、ベッドが跳ね返されてしまいます。

水を含んだバンカーからの打ち方のポイントをいくつかご紹介します。

1. フェースを開かずにスクエアに構える。

2. バックスイングでコックをしっかり使い、ややアップライトに上げる。

3. リーディングエッジから砂に入れていくイメージ。

4. フォローをあまり取らず、打ち込んだらそこでフィニッシュ。(クラブヘッドを砂の中に埋め込んでいくイメージ)

大きなフォローは必要ありませんが、手だけでヘッドを落とすのは禁物。体の回転で打ちましょう!

あと、固い所に打ち込むので衝撃も強くなります。緩まないようにグリップはしっかりと握っておいて下さい。

この打ち方はバンカーで目玉になったボールを打つ時にも使えます!是非参考にしてみて下さい!もしわからないようでしたら、いつでもお声かけてくださいね!


2010/10/26 10:10

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる