Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

練習場では・・

おはようございます!長島です。

ゴルフをしていると必ずミスをする事があるかと思います。そこで「練習場では上手く打てるのに何で練習通りいかないのかな?」と思う事はないですか?

コースと練習場とでは状況がかなり違います。練習場ではコースで起こりうる事を想定して練習する場所だと私は考えています。

例えば、コースでは1球打つたびに必ず素振りや、打つ方向などを確認したりすると思いますが、練習場ではどうでしょう?ひたすら出くるボールをバンバン打ち続けていないでしょうか?

コースで1球ごとに素振りをするならば、練習場でも1球ごとに素振りやコースで行うルーティンなどをしてから打つようにすると、コースと練習場とのギャップが埋まってくると思います!

私の練習方法は、アプローチ(20球)から入り→ショートアイアン(10球)→ミドルアイアン(10球)→ロングアイアン(10球)→フェアウェイウッド(10球)→ドライバー(10球)

これから徐々に短いクラブに。
フェアウェイウッド(10球)→ロングアイアン(10球)→ミドルアイアン(10球)→ショートアイアン(10球)→アプローチ(20球)

最後はコースを想定して、
1球目→ドライバー
2球目→フェアウェイウッド
3球目→5番アイアン
4球目→7番アイアン
5球目→PW
6球目→グリーン周りのアプローチ
これを数セット。

というように、たとえミスをしても1球ごとにクラブを変えて打つ練習をします。コースでは同じクラブを打ち続ける事はあまりないので、切り替えの練習を普段からしておくとより実践的になりますよ!

クラブによって長さ、重さ、ボールとの距離、ボールの位置が変わるので、そのギャップに普段から慣らしておくとコースでのミスは確実に減ります!参考にしてみて下さい。



2011/02/07 00:10

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる