Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

どうしてバーディ(鳥)と呼ぶのか?

おはようございます。三浦です。

ゴルフのスコアに関する用語には鳥の名前が多く使われていますね!

バーディ、イーグル、アルバトロス、ブービー ・・・

バーディとは、パーより1つ少ないスコアでカップインすることで、

イーグルはパーより2つ少なく、アルバトロスは3打少なくホールインすることです。

1903年、アトランティックシティのA.H.スミスがナイスショットでホールアウトした直後に

「いまのはいいショットだったぜ」(That is bird of a shot!)と、自画自賛したそうです。

このバードから派生したそうですよ!

バーディ(bird-ie)とは、もともとbird(鳥)の幼児用語で、小鳥さんという意味です。

イーグルは鷲、バーディより凄いショットということで、鳥の王様である鷲が使われたようですね。

明日は、アルバトロス、ブービーへつづく



2013/02/11 06:05

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる