Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

アドレスの入り方

こんにちは!長島です。

本日はアドレスの入り方について書かせていただきます。

練習場ではそこそこ真っすぐ飛ぶのに、コースだと真っすぐ飛ばない・・・

だからスイングが悪いんだ・・・

と思いこんでいませんか?

意外とアドレスのズレからミスになっている事もあります。

練習場ではマットがあるので、真っすぐ構えやすいのですが、コースでは何も頼る物がありません。

その為、自分では目標に真っすぐ構えているつもりでも、実際は右を向いていたり、左を向いていたり。

それにより軌道のズレが出てしまい、曲がりにつながります。

コースでのアドレスの入り方を簡単に。


1枚目の写真はセカンド地点を想定して撮りました。



まずは目標とボールを結んだ後方線上に立ちます。

次に私はこのようにクラブを使い目標とボールを結びます。



そのライン上でボールの先10センチくらいの所に目標を定め、そこにフェイスを合わせる。



ここでは解りやすく白い点を入れさせていただきました。コースでは枯葉などでもいいのでライン上に何か見つけてください。

あとはその方向に対して両足を並行に広げていただければ良いです。

何十メートル、何百メートル先のターゲットにフェイスを真っすぐ合わせるのはとても難しいので、ボールの近くに目標を定めてから構えましょう!




2014/08/04 16:55

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる