Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

自分にとって一番良い救済を

こんにちは!長島です。


コースを廻っていると、赤杭(または赤線)ラテラル・ウォーターハザード、黄杭(または黄色線)ウォーター・ハザードなど見られると思います。

本日はラテラル・ウォーターハザード(赤杭・赤線)にボールが入ってしまった時の救済の仕方をご説明します。

めちゃくちゃ絵を書くのが苦手なのですが、頑張って書いてみました。









ティショットが大きく左に曲がり、川(ラテラル・ウォーターハザード)に入ったとします。この時の処置は4つ。



1.  1罰打付加した上、元の場所(ティインググラウンド)から打ち直す。ティショットの場合は、ティアップして打ち直すことができ、打ち直しは3   打目となります。

2.  1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点と、ピンとを結んだ後方線上(コース内でハザードの後方であれば距   離に制限はない)にドロップする。

3.  1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点からピンに近づかない所、2クラブレングス以内にドロップする。

4.  1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点からピンとを結んだ等距離の対岸、2クラブレングス以内にドロップ    する。

 ※ 無罰でハザードの中からそのまま打つ処置もあります。(その際クラブをソールしてはいけない)



実際にこのような状況になった時、自分にとって一番良い救済を選んでみてください。

ルールを上手く使えば大叩きも免れるかもしれませんよ。

是非参考にしてみてください。




2015/06/27 11:40

ゴルフブログ:グッドフラストレーション:ゴルフワンポイントアドバイスに関する記事

2017/03/09 設定を落とす
2015/07/04 本日は
2015/02/02 バンカー
2015/01/24 5アイアン
2015/01/22 冬場のゴルフ
2014/10/16 軸を安定させる